2023年8月に新発売!スマホ版の新型センサー

2023年8月26日に、ハートマス社の新型センサーの概要が明らかになり、販売も開始されました。

新型センサーは、Bluetoothでも、USB-Cのどちらでも使え、耐久性と測定精度がかなり上がった模様です。

具体的には、本体とクリップがメタル製になり、サンプリング周波数もこれまでの4倍(125→500Hz)になりました。

ただし価格も30%増です。

とにかくアメリカの物価上昇は半端なく、さらに円安が追い打ちをかけています。マクドナルドのビッグマックセットも、今やアメリカでは2000円近くですから。。。

なお、新型センサーの登場に伴い、新しい専用アプリ(HeartmathApp)も公開されました。

HeartmathAPPには、これまでと同様の機能を有しているだけでなく、様々なガイドやレッスン動画なども見ることができますが、日本語化はされていません。

HeartmathAppは、新型センサーでのみ利用可能です。

既存のインナーバランスセンサー(Bluetooth版、USB-C版、Lightning版)は、既存のアプリ(InnerBalanceApp)で利用が可能ですが、当面はHeartmathAppの利用はできません。

当面と書いたのは、ハートマス社では、この新アプリを有料サブスクにする予定で、準備ができ、有料サブスクしてもらえたら、既存センサーでも新アプリを使えるようにするそうです。

サブスクの開始と費用についてはまだ決まっていないものの、年間80ドル前後で検討している模様です。

ただし、新型センサーの購入者には、新アプリは永年無料となるようです。まあぶっちゃけ、新型センサーの販売戦略と思われます。

既存のインナーバランスセンサー(Bluetooth版)は世界的に在庫切れで、もう入荷できません。当社の在庫がなくなり次第、国内外で終了となります。

USB-C版とLightning版はまだ在庫があるようですが、もう製造はしておらず、恐らく近い将来になくなると思われます。

新アプリ(HeartmathApp)は、アップルストアで「heartmath」で検索すると出てきます。ただし、新型センサーと接続できていないと、中身を確認することはできません。

なお、米国ハートマス社のオンラインストアでは、円貨31900円(2023/12/3現在)でも販売されています。これに送料が3000-4000円かかるのと、受け取り時に相応の消費税がかかることが多いです。

万が一の不良品対応などを考えると、当社のオンラインストアで購入するほうがお得です。

ご検討ください。

関連記事

  1. LF/HF比率を簡単に測定できる新機能

  2. 腹式呼吸の基本

  3. エムウェーブ2携帯版のバッテリー

  4. 喘息を改善する呼吸法

  5. 【FAQ】コヒーレンス法の最中に何を想起すると効果的か?

  6. 【FAQ】緑100%を達成したら、エムウェーブはもう必要ない?