T.Y.さん (女性・講師)の体験談

「最初はなかなか効果が実感できなかったが、やめてみて初めて効果が実感できた。その後、毎朝続けることで、うつを再発することなく、仕事・勉強・家庭の3足のわらじをこなすことができた」

———————————-

私がフリーズフレーマーをはじめてみようと思ったきっかけは、実際に友人の変化を見て「これはひょっとしてよいかもしれない。」と思ったからです。

その友人は知り合って1年くらいだったのですが、1年前、出会ったころは精気がなく、仲間と一緒にいても心ここにあらず、といった感じで全体的に疲れているような印象でした。

ところが久しぶりに会ったときに「あれっ、なんか違う。元気になったかな。」と感じました。それで、本人に聞いてみると、このエムウェーブで呼吸法を継続しているうちに、落ち着きが出て、集中力も増すし、ひらめきがある。というのです。

ちょうどそのとき私は2つの仕事の掛け持ちをはじめたところで、かつ大学院の2年生になり、本格的に自分の研究の論文にも取り組まなければならず、仕事、大学院、家庭と3足のわらじに行き詰っているところでした。

どれにも集中することができず、悩んでいました。

実はその友人から早いころからエムウェーブをすすめられていたのですが、自律訓練法を少しかじったことのある私としては、呼吸法の効果を実感できたことがなく、懐疑的になっていました。しかし、友人の変化を目の当たりにすると、だめでもともとではじめてみようかという気持ちになったのです。

はじめてみると、ホームページにあるように簡単に効果が見えるものではありませんでした。バルーンなどで楽しくはやれますが、実際に落ち着くことや集中力の高まりを実感できることはなかなかありませんでした。

元来、私は不安神経症、自律神経失調症、うつ病といった既往歴があり、不安神経症は簡単に改善されるものではありません。初めのうちは張り切って取り組んでいましたが、次第にエムウェーブをサボるようになりました。

すると1ヶ月くらいたつとますます落ち着きがなく、仕事でもミスが多発し始めたのです。後で振り返ると、自分では効果を実感できてなかったのですが、やめてみるとはじめて実は効果があったことに気がつきました。

それ以降、できるたけ毎日朝、呼吸法を実践しています。

私の場合は吸う時間、吐く時間が4秒では短く、8秒で行なっています。また、「毎日3回、1回5分」と教わりましたが、1日1回15分くらいかけてやっています。

そして自分の周囲の人たちへの感謝の気持ちを抱きながら心臓に集中すると手の先がぽかぽかとし、血のめぐりがよくなることが実感できます。そして頭が鮮明になり、ようやく落ち着いてくることが実感できるのです。

この2年間、仕事、大学院、家庭、と3足のわらじで友人たちはうつ病を再発させるのではないか、という心配をしていたようですが、幸い再発することなく乗り切ることができました。

これも様々な人たちに助けられたおかげですが、エムウェーブをすることで、その人たちに感謝する時間を持てたことが、良かったと思っています。

私は人に依存しやすいタイプであり、人から解決してもらおうという考えの人間です。そんな私にとって、エムウェーブは、自力で自分の課題を解決していくよいツールのように感じるようになりました。

即効性やめざましい劇的な変化を求める人には向かないかもしれません。しかし、じんわりと穏やかに変わっていくのではないかと自らに期待しています。

 

関連記事

  1. 心臓病医はどのようにしてハートマスに「はまった」のか?

  2. リラクセーション法で試験ストレスを軽減しよう

  3. これこそストレスの解決策か?Part1

  4. T.E.さん(女性・カウンセラー)の体験談

  5. イアン・ウーズナムのストレス軽減法

  6. H.T.さん (男性・人事部主任)の体験談