スポーツの活用例(2) 射撃オランダ代表

射撃のオランダ代表ジュニア選手の成功

射撃のオランダ代表ジュニアチームに選抜されたニンケ・ペレブームは、エムウェーブPCとハートマス技法を用いることで著しい成功を収めています。射撃は心拍が非常に重要なスポーツです。それは、競技者がライフルの照準を合わせているとき、心拍に集中し、拍動と拍動の間を見計らって、射撃は実行されるからなのです。

ニンケ・ペレブームは、16歳の時には、オランダ国内ではそれほど活躍していませんでした。女子競技では400ポイントが最高ですが、平均は380-385ポイント程度でした。

国際競技会クラスでの優勝者は、396-400ポイントであり、トップジュニアでは393-397ポイントです。ニンケの成績は同じようなところで伸び悩んでいました。

2002年の終わりに、ニンケはハートマス技法とエムウェーブPCを使い始めました。2週間で、彼女は著しい躍進を遂げたのです。

なんと彼女にとって初めて390ポイントを達成したのです。そして国内大会で複数のメダルを獲得しました。2004年には、彼女は平均で390ポイントを超える成績を残し、何度も396ポイントを達成しました。 これは国際レベルでのトップ選手に匹敵します。

毎日、ニンケはエムウェーブPCを使ってトレーニングをしています。コヒーレンス技法が一番のお気に入りです。彼女は非常に心を静め、そして集中することができます。

エムウェーブPCは、彼女の体の状態を見えるようにします。彼女は、最大パフォーマンスを発揮できる状態に突入するために、エムウェーブPCでその状態を確認することができるのです。

次回のオリンピックでは、きっとニンケの勇姿を見ることができることでしょう。

■関連記事

最近の記事

PAGE TOP